神出鬼没の笹川刑事部長(本田博太郎)がビショ濡れ!<警視庁・捜査一課長2020>

神出鬼没の笹川刑事部長(本田博太郎)がビショ濡れ!<警視庁・捜査一課長2020>

捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱いドラマを描く『警視庁・捜査一課長2020』。8月20日(木)、同ドラマの第14話が放送される。 すご腕のカリスマ実演販売士が殺害された! 犯人は、“いつも笑顔”がモットーの弟子なのか? そして、“生卵”を“ゆで卵”に変えたのは誰? 包丁、染み抜き、口紅…人気商品を捜査一課がお買い上げ!? ◆第14話あらすじ カリスマ実演販売士“パーフェクト干場”として人気の干場伊純(波岡一喜)の遺体が、ショッピングモールの裏で発見された。 事件当日、干場はそのモールで実演販売イベントを行っており、ステージが終わった直後、何者かに実演販売で扱っている包丁で刺されたようだった。 警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、遺体の胸元に何らかの汚れを染み抜きした跡が残っているのが見つかった。 しかし最大の謎は、干場がゆで卵を両手で大事に包むように抱いて息絶えていたこと。クッションの柔らかさを証明するために生卵を置いて座るパフォーマンスは定番だが、なぜ干場は生卵ではなくゆで卵を持っていたのだろうか…!? そんな中、客の目撃証言から、後輩の実演販売士…