鈴木唯アナ「そんなに分からないもの?」カズレーザー&磯村勇斗の“ちょっとよく分からない人”とは?

9月15日(火)、映画監督のクリストファー・ノーランが手掛けた映画「TENET テネット」の公開直前“逆光体験”イベントが行われ、カズレーザー(メイプル超合金)と磯村勇斗が登壇した。 映画は、“時間の逆行”をテーマにしたタイムサスペンスで、現在全世界累計興行収入は1億5200万ドルを超え、大ヒットとなっている。 Gallery Link 映画について磯村は「ノーラン中毒になれる作品」、カズレーザーは「直感的に最初に思ったのが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ターミネーター2』を混ぜて、そこに『カメラを止めるな!』をぶちかけたような、全部のいいところ取り」と称賛した。 イベント後の2人を『めざましテレビ』がインタビュー。1回見ただけでは理解できない、なかなか難しい内容の作品ということで「今までに会ったことがある、ちょっとよく分からない人」について、インタビュアーの鈴木唯フジテレビアナウンサーが質問。 カズレーザーは「新幹線の中で出会った人に『あっ、見てます。大ファンなんです。あの〜すみません…』って言われたものの、名前が出てこなかったんですよ。そこで『カズレーザーと申します』と自分…