<未解決の女>最終回の見どころを脚本家・大森美香が語る「最後まで二転三転する物語を楽しんでほしい」

波瑠主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※最終回は、夜9:00-10:09)が、9月17日(木)に最終回を迎える。 本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するシリーズの第2弾。 9月10日に放送された第6話「影の斜塔・前編」では、発生した“2つの殺人事件”と“エリート刑事の逃亡”が発端となり、第6係が“警察組織の巨大な闇”と全面対決する“正義をめぐる闘い”が展開されることに。 気になる最終回の放送を前に、本作のSeason1から脚本を担当している大森美香からコメントが到着。「未解決の女」に対する思い入れや、執筆での苦労、そして最終回の見どころを聞いた。 ■ Season2はより幅広い皆さんが楽しめる作品にしたい ――大森さんはこれまで数多くの脚本を手掛けられてきましたが、意外にも刑事ドラマを書かれたのは「未解決の女」が初めて。ご苦労などはありましたか? 刑事ドラマを書くことに…