『アンサング・シンデレラ』最終話に土村芳、入山法子らがゲスト出演

毎週木曜22時より、フジテレビで放送中のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』。9月24日(木)に放送される最終話に土村芳、朝加真由美、入山法子、伊勢志摩のゲスト出演が決定した。 本作は、日本の連ドラ初となる病院薬剤師が主人公の新・医療ドラマ。石原さとみ演じる葵(あおい)みどりが、新人の相原(あいはら)くるみ(西野七瀬)と、先輩の瀬野章吾(せの・しょうご/田中圭)ら薬剤部の面々とともに、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いている。 重複がんを患った瀬野の担当薬剤師になったみどり。しかし、副腎がんへの有効な手立てが見つからないまま、命のタイムリミットが瀬野に迫る。みどりたちを待ち受ける運命の結末とは? 最終回は、2人の妊婦の物語が描かれる 今回ゲスト出演する土村は、てんかんの持病がある妊婦・向坂千歳(さきさか・ちとせ)を、朝加は千歳の出産を心配する母・向坂世津子(さきさか・せつこ)を演じる。実力派の2人が演じる親子役に注目だ。 また、入山は子宮頚管(けいかん)長の短縮で入院している妊婦・星名優(ほしな・ゆう)を、伊勢は助産師の木下佳純(きのした・かすみ)…