『まだ結婚できない男』の脚本家・尾崎将也「阿部寛さんは役に対する熱意がすごい」

毎週火曜21時から放送中のドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)。阿部寛演じる主人公の独身建築家・桑野信介の日常と出会いを描くとともに、前作『結婚できない男』から13年ぶりに帰ってきたことでも話題となっている。そこで、復活の経緯や作品に込めた思いを安藤和久チーフプロデューサーと脚本家の尾崎将也氏に聞いた。 <脚本家・尾崎将也×チーフプロデューサー・安藤和久 対談> 左から)尾崎将也氏、安藤和久チーフプロデューサー ――まず、このドラマの続編を製作しようとしたきっかけから教えてください。 安藤:13年前に尾崎さんとご一緒させていただき、作り手として充実した経験をしただけでなく、いち視聴者としても好きな作品だったこともあり、実は放送終了後から続編をずっと熱望していたんです。それと並行して尾崎さんには企画書をはじめ、準備していただいておりました。 尾崎:阿部さんのスケジュールもありますし、なかなか難しいかなとは思っていたんですが、今回本当に実現して嬉しかったです。脚本を書くにあたっては、特にプレッシャーというものはなく、自分のホームグラウンドのような作品ですので、割と気軽に、肩の力を抜…