堀田真由、若林時英、永瀬莉子が『シャーロック』第6話にゲスト出演

堀田真由、若林時英、永瀬莉子が『シャーロック』第6話にゲスト出演

 ディーン・フジオカ主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)の第6話(11月11日(月)放送)に、堀田真由、若林時英、永瀬莉子が出演することが分かった。  第6話で堀田は、事件の謎を解くきっかけとなる、20年前の一本のビデオテープの映像に出演。若林と永瀬はそれぞれある人物の高校生時代の役を演じる。  堀田真由は「アミューズオーディションフェス2014 WOWOWドラマ賞」を受賞し、翌年WOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』でドラマデビュ-。2017年にNHK連続テレビ小説『わろてんか』で、主人公・葵わかなの妹役を演じて話題に。今年1月期『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)では名門水泳部の部長役を演じた。また、俳優活動のみならず『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)にも出演中。  若林時英は、2011年に蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』に出演し、その後も舞台・ドラマで活躍。2018年10月期『中学聖日記』(TBS系)で岡田健史の親友役を、今年1月期『3年A組-今から皆さんは、人質です-』ではお調子者の野球部員役を演じた。  永瀬莉子は、昨年「ミスセブンティーン201…