鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里が竹内涼真主演『テセウスの船』出演決定

鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里が竹内涼真主演『テセウスの船』出演決定

 竹内涼真が主演を務める2020年1月期のTBS日曜劇場『テセウスの船』に、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里が出演することが分かった。  原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉による同名漫画。二転三転し謎が謎を呼ぶ緻密なストーリーが多くのファンに支持された壮大なミステリーだ。  突然、平成元年にタイムスリップして父が逮捕された殺人事件の謎を追うことになる主人公・田村心役の竹内涼真に続き、“過去”で出会う“両親役”で鈴木亮平と榮倉奈々の出演が決定。現在26歳の竹内と36歳の鈴木は、実年齢10歳差で父子役を演じる。また、心を支える最愛の妻役で上野樹里の特別出演が決定した。  鈴木が演じる心の父・佐野文吾は、村の駐在警察官で、底抜けに明るく豪快な二児の良き父親。家族からも村人からも愛される男だ。心はタイムスリップした過去で文吾の人柄に初めて触れ、「父は本当に殺人犯なのか?」という思いが芽生える。  榮倉が演じる心の母・佐野和子は、明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さん。大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励するたくましい母親だ。榮倉は平成元年の34歳の和子と、現代の65歳…