「死役所」第4話、原作ファンの女子サッカー・植木理子選手が出演

11月6日(水)放送の「死役所」(毎週水曜夜0:12-0:52)に、女子サッカーのプレナスなでしこリーグで5連覇を達成した、日テレ・ベレーザ所属の植木理子選手が出演する。 あずみきしの同名漫画を原作に、死後の世界にある“シ役所”の総合案内・シ村(松岡昌宏)と、死者たちの対話を描く本作。 原作の大ファンだという植木選手は、「好きな漫画がドラマ化するだけでもうれしかったのに、そのドラマに自分が出演できるとは思ってもいなかったので、とにかく驚きでした。死者の方々の特殊メークがすごすぎて目が忙しかったです(笑)」とコメント。 続けて、「参加して、ますますドラマを見るのが楽しみになりました。私が大好きな漫画の死役所。ぜひ映像の中の死役所も見てほしいなと思います!そして、私がどこで登場するのか探してみてください」とアピールした。 女子サッカー界の優勝請負人がどのシーンに登場するのか、注目だ。 ■ 第4話「初デート」あらすじ シ村(松岡昌宏)が、自分の娘を殺して死刑になったと知り、ミチル(黒島結菜)は驚く。そんなミチルにシ村は冷静に、成仏の期限まで「あと1日」だと告げる。期間内に手続きしないと冥土の…