松下奈緒が“がんのスペシャリスト”に!バディ役に木村佳乃『アライブ がん専門医のカルテ』1月スタート

松下奈緒が“がんのスペシャリスト”に!バディ役に木村佳乃『アライブ がん専門医のカルテ』1月スタート

 2020年1月期のフジテレビ木曜劇場が、松下奈緒主演、木村佳乃共演の完全オリジナル作品『アライブ がん専門医のカルテ』に決定した。松下と木村は14年ぶりの共演となる。  本作は“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマ。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:99万5,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかるといわれている“がん”。誰もがかかり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科「メディカル・オンコロジー」というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていく。  薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科だが、全ての種類のがん患者の診療に当たり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在。本作では…