快進撃続く!横浜流星が日曜ドラマ枠に主演で凱旋 華麗なアクションに期待の声

俳優・横浜流星が来年1月期、日本テレビ系日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(2020年1月スタート、毎週日曜夜10:30⁻11:25)でドラマ初主演を務めることが11月6日に発表された。7月期「あなたの番です-反撃編-」からわずか半年での同枠凱旋(がいせん)に、ファンからも「おめでとう!」の声があふれている。 ■ “ゆりゆり旋風”“今年の顔”話題独占! ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はオリジナル脚本によるドラマ。驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダ(清野菜名)と彼女を操る男・飼育員さん(横浜)が「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけるという勧善懲悪ストーリー。横浜は、今作で清野とW主演を務める。 今年1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)での、髪をピンク色に染めた不良高校生・“ゆりゆり”こと由利匡平役で注目を集めた横浜。 それまで14万人ほどだったInstagramのフォロワー数は半年で100万人を突破するなど“ゆりゆり旋風”を巻き起こし、同作での活躍が評価され「東京ドラマアウォ…