寺島しのぶと小瀧望が親子役で初共演!固い絆で結ばれる二人におぞましき悲劇が

12月21日(土)21時15分から、 フジテレビでは横溝正史原作、加藤シゲアキ主演のスペシャルドラマ『悪魔の手毬(まり)唄~金田一耕助、再び~』を放送する。 『悪魔の手毬唄』は、横溝自身が「傑作」と語ったミステリー作品で、怨念めいた村で起きる血で血を洗う争いが描かれる。 このたび、寺島しのぶ、 ジャニーズWESTの小瀧望の出演が決定した。 寺島が演じるのは、物語の舞台となる、鬼首村(おにこうべむら)にある温泉旅館・亀の湯の女主人、青池リカ 。リカの息子で美しき容姿の青年、青池歌名雄(かなお) を、小瀧が演じる。 リカは、歌名雄と娘の里子を子に持つ母親。20年前、里子を妊娠中に悲惨な事件で夫の源次郎を亡くしていた。その犯人、恩田幾三はいまだに行方不明だという。 その事件以来、女手一つで歌名雄と里子を育て上げ旅館を切り盛りしてきた。美しく聡明(そうめい)なリカは、その事件以降岡山県警の磯川常次郎警部に気にかけてもらっており親しい関係を築いている。 目下の悩みは愛する息子のこと。歌名雄と、村一番の実業家である仁礼家の娘・文子との縁談話が持ち上がっているのだ。しかし、当の歌名雄は、由良家の娘・…