未知子(米倉涼子)、手術を拒否した陸上界のエース(岡田健史)に“ある進言”【ドクターX】

未知子(米倉涼子)、手術を拒否した陸上界のエース(岡田健史)に“ある進言”【ドクターX】

2年ぶりの新シリーズがスタートした米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』。 同作の第4話が、11月7日(木)に放送される。 ©テレビ朝日 世界記録を保持する日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が膝の痛みを訴え「東帝大学病院」に極秘入院。 次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)がAIを使いはじき出した診断結果は、滑膜肉腫ステージ3。 潮は人工関節を用いた術式を提案するが、四日市はそれを拒否する。 そんななか、潮の母・四糸乃(倍賞美津子)が「東帝大学病院」にやってくる。アルツハイマー型認知症と診断された四糸乃だったが、未知子はその診断に疑問を抱く。 ◆第4話あらすじ ©テレビ朝日 世界記録を叩き出した日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が右足の痛みを訴え、強化合宿先から緊急帰国。「東帝大学病院」に極秘入院する。 さっそく、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)は大門未知子(米倉涼子)や海老名敬(遠藤憲一)を除いた少人数だけでカンファレンスを実施。AIの診断のもと、四日市は膝の滑膜肉腫ステージ3だと判…