<モトカレマニア>“最低のキス”からの第一章、完結! 新木優子の「もう終わりにしたい」で、元カレ愛に決着か?

新木優子と高良健吾が二人で主演を務めるドラマ、木曜劇場「モトカレマニア」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)。第4話が11月7日(木)に放送となる。 同作品は「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリによる同名コミックを原作としたラブコメディーで、元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった女性の混乱と暴走、試行錯誤を描く。 10月31日に放送された第3話では、ユリカ(新木優子)が一人で誕生日を過ごそうと家に帰ると、そこにはマコチ(高良健吾)の姿が。マコチからのプレゼントに涙するユリカに、マコチは「そんな顔するなって」とキスをしたのだった…。 注目の第4話では―― マコチ(高良健吾)からキスされたユリカ(新木優子)は、今でも彼のことが好きだと確信。 だが、二人がキスしているところを偶然目撃してしまったユリカの親友・ひろ美(よしこ)は、「キスはしたけど付き合うとは言っていない」と言ってその場から立ち去ったマコチのことを「誠実じゃない」と非難する。5年前にユリカと別れたときもマコチは何も言わなかった、というのだ。 一方、さくら(山口紗弥加)は、ユリカと食事をし…