20年後の磯野家の人々の心に火を付ける物語のキーマン!花火師役に佐戸井けん太

フジテレビで、11月24日(日)20時から放送する天海祐希主演のスペシャルドラマ 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』 。 このたび、 ドラマオリジナルのキャラクター、花火師のヒラマサ役(70代)を佐戸井けん太が演じることが決定した。 ヒラマサは、 あさひが丘に「ヒラマサ花火工房」を構え、サザエたちとも顔見知り。ヒラマサは50年以上に渡り、あさひが丘の夜空を花火で彩ってきた。だが、今回の「あさひが丘商店街祭り」で花火師の引退を決意。 サザエは「まだまだできるのに。もったいないわよ」と引き留めるが、ヒラマサは「男に二言はねぇよ」と笑うがどこかさみしげな表情…。花火師たちでにぎわっていた工房も、後継者が現れず自分だけになってしまった現実を受け入れ、引退を決意したのだった。 祭りの実行委員を務めるサザエや伊佐坂難物(浅野和之)たちは、ヒラマサの引退にふさわしい有終の美を飾る夜にしたいと願うが、あさひが丘には嵐が近づいてきている。サザエは最後まで諦めないつもりだが…。 また、祭りの前日、カツオとタラオは商店街の居酒屋でヒラマサに遭遇する。「花火が上がった瞬間、遠くから歓声が聞こえる。それ聞…