<試写室>「死役所」重岡大毅&中島歩、お笑いコンビの“永遠の絆”に涙が止まらない

松岡昌宏主演で、あずみきしの同名漫画を実写化したドラマ「死役所」(毎週水曜夜0:12-0:52、テレビ東京系)。 本作の舞台は、死後の世界の“シ役所”。職員・シ村(松岡)が、訪れる死者との対話を通して、彼らのこれまでの人生に迫る。今回、11月20日(水)に放送される第6話を「WEBザテレビジョン」は事前に視聴。オリジナルレビューでその魅力を伝える。 お笑い芸人“カニすべからく”の姿が描かれる第6話「カニの生き方」は、原作ファンから人気の高いエピソード。ジャニーズWESTの重岡大毅が、ネタを作る才能はないが万人に愛される高関一文を。高関の相方でコンビの頭脳、佐尾高茲役を中島歩が演じる。 夢を追う中、佐尾は遺伝性の難病を発症。病魔が二人を引き裂く… ■ 第6話あらすじ 病院着姿の佐尾が、シ役所の病死課にやって来る。佐尾は高関と“カニすべからく”というコンビを組む、売れない芸人だったという。「悔いが残っているのでは?」というシ村の問い掛けに、佐尾は生前を思い返す。 ――結成10年にしてカニすべからくに、ようやくチャンスが巡ってくる。賞レース「デッドオアコント」の決勝戦出場が決まり、テレビでネ…