霜降り粗品が『絶対零度』で俳優デビュー!キャリアのエリート刑事に

霜降り粗品が『絶対零度』で俳優デビュー!キャリアのエリート刑事に

 2020年1月6日(月)スタートの『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)に、霜降り明星の粗品がレギュラー出演することが分かった。粗品は今回がドラマ初出演となる。  粗品が演じるのは、上昇志向と野心の強いキャリアの刑事・門田駿。ミハンで研修中の吉岡拓海(森永悠希)とは同期入庁、門田自身は警視庁の花形部署である捜査一課で研修しており、先輩刑事の早川誠二(マギー)と行動を共にすることが多い。キャリアでエリートという自負が強く、同期ながらいわくつきのミハンで研修している吉岡や、先輩ながらノンキャリアの早川のことを少し見下しているところもある。 <粗品 コメント> ◆オファーを聞いた際の感想は? 「めちゃくちゃうれしかったです。芸人としてデビューした後に、母親がドラマや映画にも出てほしいなと言っていたので、何より、母親が喜んでくれると思います。オファーを頂いてから、あらためて『絶対零度』シリーズを見返したのですが、“すごい作品に参加するんだな”と逆に緊張してしまいました」 ◆撮影初日でしたが? 「まずは、テレビで見ていた方々は優しいんだなと(笑)。今日は、沢村(一樹)さん、マギーさん…