桐谷健太、東出昌大を「頭なでなでしたい」『ケイジとケンジ』でバディ結成

桐谷健太、東出昌大を「頭なでなでしたい」『ケイジとケンジ』でバディ結成

 1月16日(木)スタートのドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)のトークイベントが行われ、桐谷健太、東出昌大、比嘉愛未、磯村勇斗、今田美桜、柳葉敏郎、風間杜夫、福田靖監督が登壇した。  本作でW主演を務める桐谷と東出。桐谷は神奈川県警の刑事・豪太を、東出は横浜地方検察庁の検事・真島を演じる。  桐谷は「スタッフ、キャスト一丸となって、全身全霊でやっているのがすごく画に出ていました。回を重ねるごとに、ストーリーも魅力も増していくと実感しています」と自信満々。  昨夜撮影が終わり、第1話を見たという東出は「夜中に興奮して、キャストとプロデューサーさんに長文のメールを送ってしまいました(笑)」と。桐谷から「巻物みたいでしたよ」とイジられながらも「自分が出ている作品を褒めるのは気持ち悪いなって思うんですけど、本当に面白いなって思って。続きを楽しみにしてほしい」と照れ笑いを浮かべた。  東出の印象について、桐谷は「2015年に映画で共演した時から、すごい心根の優しい子。身長さえ僕より低かったら、ずっと頭なでなでしたいと思うくらい。いいところは変わってない」と。  いっぽう…