山口まゆがバレリーナ役で『絶対零度』第3話にゲスト出演

山口まゆがバレリーナ役で『絶対零度』第3話にゲスト出演

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の第3話(1月20日(月)放送)に山口まゆがゲスト出演することが決定した。  山口が演じるのは、名門バレエ団に所属するバレリーナの八尋舞。舞は、今後の日本のバレエ界を担うホープの一人と目されており、バレエ界のアイドル的存在。第3話では、そんな舞が、あらゆるビッグデータから未来の犯罪を予測するミハンシステムに危険人物と認定されることから展開していく。  ミハンの統括責任者である香坂朱里(水野美紀)から、井沢範人(沢村一樹)らミハンメンバーに、舞(山口)がネットを通じて致死量のヒ素を入手したこと、さらには毒物での殺人を指南するサイトを何度も閲覧した事実が告げられる。伊沢らミハンメンバーが捜査をする中、舞が病院に緊急搬送される。舞は、帰宅途中に工事現場で資材が落下し、作業員らが重軽傷を負う事故現場に偶然居合わせ、そのけが人を見て気を失ったという。病院の診断記録によれば、舞に外傷はないものの、過度な精神的抑圧によって記憶が失われる、心因性記憶障害の疑いがあるという。なぜ、舞は事故現場でけが人を見ただけで記憶障害になってしまったのか、そしてミハンシ…