柄本佑「役者人生の中で記念碑的な作品に」『心の傷を癒すということ』1・18スタート

柄本佑「役者人生の中で記念碑的な作品に」『心の傷を癒すということ』1・18スタート

 土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』(NHK総合)の試写会が行われ、主演の柄本佑、脚本家の桑原亮子が登壇した。  本作は、阪神・淡路大震災発生時、被災者の心のケアに奔走した精神科医・安克昌の人生を基にしたヒューマンドラマ。多くの被災者の心に寄り添う壮絶な日々と、彼を懸命に支えた家族との絆を描く。主人公の若手精神科医・安和隆を柄本が演じる。桑原は本作で連続ドラマの脚本を初めて手掛ける。  柄本は「精神科医をやってみて一番疑問に思ったのが、対面するときにどういう顔をすればいいのかということ。先生に聞いたら、『相手の方の表情に合わせていく』とおっしゃっていたので、僕はそのことを一番肝に銘じてやらせていただきました」と。  桑原は「安先生が目指していた支え合える社会というのは傷ついた者に優しい社会になること。一人一人が大事にされる社会というのを、今、安先生の物語を通して皆さんにもう一度考えていただけたらいいなと思いながら書きました」と作品への想いを語った。  桑原の脚本について柄本は「文字の世界なんですけど、すごく立体的にひと言ひと言が腑に落ちてきて、これは桑原さんの本当に血肉みたいなそうい…