柄本佑が初挑戦のピアノ演奏に苦労!「本当にきつかったです」

1月18日(土)にNHK総合でスタートするドラマ「心の傷を癒すということ」(夜9:00-9:50)の試写会が行われ、主演の柄本佑、脚本を手掛けた桑原亮子らが登壇した。 同作は、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となった精神科医・安克昌氏の遺族関係者への取材から得た事実を元に、人の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語として、人物や団体名改称した上で大胆に再構成したオリジナルストーリー。 阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した安氏。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描く。 ■ 精神科医を演じる上で柄本が意識したこととは? 精神科医を演じた柄本は、「被災された方々のところに赴くシーンで、どういう顔をしたらいいのか分からなくて…。目線を肩よりも高くしないなど技術的なことは習いましたが、相手の方と対面する時の表情が分からなかったんです。先生に伺ったところ、相手に対して寄り添うことが一番重要だとおっしゃっていました。その方が悲しい表情をされ…