吉沢悠&市原隼人W主演!BS-TBS開局20周年記念ドラマ『伴走者』3・15放送

吉沢悠&市原隼人W主演!BS-TBS開局20周年記念ドラマ『伴走者』3・15放送

 吉沢悠と市原隼人がダブル主演を務めるBS-TBS開局20周年記念ドラマ『伴走者』が3月15日(日)に放送されることが決定した。  本作は、浅生鴨の小説「伴走者」(講談社刊)が原作。“伴走者”とは、視覚障がいのある選手が安心して全力を出せるように、選手の目の代わりとなって周囲の状況や方向を伝えたり、ペース配分やタイム管理をしたりする存在だ。  物語の主人公は、実業団陸上部から戦力外通告を受けたランナー・淡島祐一と、不慮の事故で視力を失った元サッカー選手の内田健二。ブラインドランナーとして再起を目指す内田は、パラリンピック出場を目標に掲げ、淡島を伴走者として迎える。初めは何かとぶつかり合っていた二人だが、次第に信頼関係が生まれていく。実業団陸上部をリストラされかけ“伴走者”となる淡島祐一役を吉沢悠、元サッカー選手のブラインドランナー・内田健二役を市原隼人が演じる。2人は本作が初共演となる。  吉沢は、2000年12月1日のBSデジタル放送開局日にBS-TBS(当時はBS-i)で放送されたドラマ『双方向冒険活劇トレジャー!』に主演。一方、市原は2018年12月1日のBS 4K開局日に放送さ…