坂口健太郎主演ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」映画化とSPドラマ化が決定

2018年4月~6月にかけて放送された坂口健太郎主演のドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(カンテレ・フジテレビ系)。その劇場版の制作、及び2021年の公開が決定した。さらに、映画公開タイミングでスペシャルドラマの放送も決定した。 物語は現在と過去という別の時代を生きる二人の刑事が時を超え、前代未聞の未解決事件を追うもの。“現在”を生きる刑事・三枝健人を、“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志を北村一輝が演じた。謎の無線機が2人をつなぎ、共に未解決事件を解決していく。過去を変えたせいで、現実が思わぬ方向に塗り替えられてしまう矛盾。そして、複雑に絡み合う骨太な人間ドラマも相まって、謎を深めていく予測不可能なヒューマンサスペンスとして話題をさらった。 放送後「GYAO Awards 2018」を受賞し、「テレビ見逃し部門」において年間で最もユーザーに支持されたテレビ番組に選ばれた。 ■ 主演・坂口健太郎「新しい坂口を見てもらえたら」と、本格アクションで新境地 2021年公開予定の劇場版は、オリジナルストーリーによる新作。連続ドラマの後のエピソードが描かれる。健人は大山に再会できるのか。さら…