坂口健太郎主演『シグナル』が映画&SPドラマで帰ってくる!

坂口健太郎主演『シグナル』が映画&SPドラマで帰ってくる!

 坂口健太郎主演で2018年4月期に放送された『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジテレビ系)が映画化&スペシャルドラマ化されることが決定した。  2018年4月期にかけて放送された『シグナル 長期未解決事件捜査班』は、謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、 ともに未解決事件を解決していくヒューマンサスペンス。“現在”を生きる刑事・三枝健人を連続ドラマ初主演の坂口健太郎が演じ、“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志役の北村一輝とタッグを組んで、多くの未解決事件を解き明かす模様が描かれた。  2021年公開予定の劇場版はオリジナルストーリーによる新作で、連続ドラマ後のエピソードが描かれる。さらに、坂口が本格アクションに挑戦することも明らかになった。  また、映画公開のタイミングで、原作元の韓国ドラマ『シグナル』の中でも特に人気&クオリティが高かったエピソードをスペシャルドラマ化。2018年放送の連ドラでは描くことができなかった珠玉のエピソードを放送する。 <坂口健太郎 コメント> ◆映画化されると聞いたときの感想はいかがでしたか? 2年前、初めて僕が連続ドラマの主演…