永野芽郁、坂口健太郎への悪夢報告が日課に!?「私、本当に頑張ったんです」と自信

映画「仮面病棟」映画化記念スペシャルイベントが1月16日(水)に開催され、坂口健太郎、永野芽郁、知念実希人、松丸亮吾が登壇した。 左から)松丸亮吾、坂口健太郎、永野芽郁、知念実希人 本作は、現役医師作家・知念の、シリーズ累計100万部突破の傑作ベストセラー小説を映画化。主人公の医師・速水秀悟役を坂口が、ヒロインの女子大生・瞳を永野が演じ、ピエロの凶悪犯が立てこもる元精神科病院での彼らの脱出劇を描く。 坂口は、知念が手掛けた脚本を初めて読んだときのことを「あっという間でした」と明かし、「スピード感や臨場感をすごく感じて。ただ生身の人間が肉体をもってお芝居するときにどこまで表現できるか、難しいかなと思ったんですけど、本が面白かったことと、永野芽郁ちゃんとご一緒できるとのことで、この作品をやりたいと言う気持ちが強くなりました」とニッコリ。 永野も「すごく面白くて。今までミステリーにふれる機会が少なかったんですけど、ミステリーって面白いなと思い、撮影が楽しみになりました」と、当時の心境を告白。 映画が好きだという知念は、今回の映画化を「すごくうれしかった」と喜び、「肉付けしていただけるのは、監…