清野菜名の“美くびれ”に注目集まる「腹筋キレイ!!」「スタイル良すぎ」<シロクロ>

清野菜名&横浜流星主演のドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日夜10:30-11:25、日本テレビ系)で清野演じるミスパンダが話題を呼んでいる。みごとなアクション技術もさることながら、ウエストが大きく開いた“パンダ仕様”のスーツを着用した清野の美ボディにも絶賛と憧れの声が上がっている。(以下、2話までのネタバレがあります) ■ ウエストが大きく開いた“パンダスーツ”が話題 「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、“ミスパンダ”こと川田レン(清野)と、彼女を操る“飼育員さん”こと森島直輝(横浜)が、世の中のグレーな事件にシロクロつけるべく奮闘する姿を描くシニカルミステリー。第2話では大学の不正入試疑惑が扱われたほか、直輝がなぜ川田レンに目をつけ“ミスパンダ”として操り始めたのか、2人の出会いからミスパンダ誕生までのエピソードも描かれた。 精神医学を学ぶ直輝がパンケーキにシロップをかけると、催眠術によってレンはもう一人の人格“ミスパンダ”として覚醒。美しい夜景が見渡せるビルの屋上で「パンダ―!!」と叫んだ。パンダをイメージした白と濃いグレーのスーツはウエスト…