1万5000年前に消えた湖の謎 〜ウィランドラ湖群地域(オーストラリア)「世界遺産」12月8日(日)

1万5000年前に消えた湖の謎 〜ウィランドラ湖群地域(オーストラリア)「世界遺産」12月8日(日)

日曜ごご6時『世界遺産』 12月8日放送予告
オーストラリア南東部の内陸に不思議な砂の世界がある。
空から見ると三日月型の砂丘が同じ方向にいくつも見える。
それは太古、豊かな水を湛えた湖の湖岸だった。
強い西風により砂や粘土が東の湖岸に堆積、約1万5千年前に湖が干上がると、風や雨に侵食され不思議な景観になった。
この砂丘で4万年前の人骨や2万年前の人の足跡が見つかったのだ。
強風が砂を払うことで、埋もれた太古の人類の痕跡が発掘されるのだ。

〈ナレーター〉

【動画タイトル】

『世界遺産』12/8(日) 1万5000年前に消えた湖の謎 〜ウィランドラ湖群地域(オーストラリア)【TBS】

TBS公式 YouTuboo YouTube