<植田真梨恵>“ほぼ初披露”のレア曲など全25曲を熱唱! 圧倒的な歌声で魅了

「エモーショナル」という言葉は彼女のためにあるのではないだろうか。 若者がよく使う“エモい”の最上級の言葉として、“真梨恵モい”という言葉を作った方がいいんじゃないかというくらい、ピッタリとハマる。もちろん、褒め言葉だ。(分かりにくい) そんなことを考えながら、粉雪舞い散りそうな肌寒い有楽町、元は映画館だった音楽ホールを後にした。「愛に保証なんかいらない」と口ずさみながら。 感情型シンガーソングライター・植田真梨恵が、2月9日に東京・ヒューリックホールにて「植田真梨恵 LIVE of LAZWARD PIANO “Academic!”」を開催。三度の飯よりラズワルドピアノが好きなザテレビジョンが同ライブに潜入し、主観に満ちたライブリポートを送る。 愛が伝わっていたのか、いつもライブに誘ってくれるプロモーション担当から「たまにはライブリポではなくお客さんとして来てください」とご配慮いただき、前日まではお客さんとしてのんびり見ていようと思っていたが、予習で見た「Live of Lazward Piano -凍てついた星座-」大阪市中央公会堂公演のBlu-rayで心変わり。 「おまえの仕事は…