マキタスポーツの爆笑オトネタ&ピンク・レディー研究大公開

3月1日(日)放送の「ザ・カセットテープ・ミュージック」(毎週日曜夜9:00-9:55、BS12 トゥエルビ)は、番組でまだ紹介していないマキタスポーツとスージー鈴木の音楽研究成果を公開する。題して、「マキタノート&スージーファイル大公開スペシャル2」。カセットガールは、うめ子こと河村唯。 スージー鈴木の音楽研究発表は、「日本ミ♭の歴史」。たくさんのヒット曲に使われている「ミ♭(ミのフラット)」を解説していく。 スージーピアノによる「ミ♭」の音を聴いて、「怖い」と印象を口にするうめ子。このひと言が、意外にも的を射ていることがこの後の解説で判明する。 「ミ♭の戦後からの歴史を研究してきた」と語るスージー鈴木が1曲目に持ってきたのは、服部良一作曲、1948年に笠置シヅ子のシングルとして発売された「東京ブギウギ」。この曲を1990年UNICORN(ユニコーン)のカバーで聴く。 「東京ブギウギ」が発表された時代背景も視野に置きながら、楽曲の意義を語るスージー。さらに、服部メロディーや、服部良一に比肩する作曲家・古賀政男の古賀メロディーについても言及する。 続いて、「最も有名なマイナーのミ♭」と…