川谷絵音、小籔千豊ら“天才”が集まった超個性的バンド・ジェニーハイのツアーファイナルを放送

川谷絵音がプロデュースを務めるバンド・ジェニーハイが2月に開催したワンマンツアーから、ツアーファイナルの東京・Zepp Divercity(Tokyo)公演の模様が、3月21日(土)にCSテレ朝チャンネル1で放送される。 ジェニーハイは、ギター・川谷、ボーカル・中嶋イッキュウ(tricot)、ベース・くっきー!(野性爆弾)、ドラム・小籔千豊、キーボード・新垣隆という、さまざまな天才(フランス語で「ジェニー」)が集まった超個性的バンド。2018年に結成され、このツアーが初のワンマンツアーとなる。 即日SOLD OUTとなった本公演では、開演時間になるとともに天竺鼠がサプライズで登場。しっかり会場を温めた後、「ジェニーハイのテーマ」で自己紹介ラップをしながら、ジェニーハイのメンバーが次々とステージに姿を見せる。 新垣がセンセーショナルにピアノサウンドを弾き上げ、リズム隊であるくっきー!と小藪の打ち出すビートが支える中、「ランデブーに逃避行」「ダイエッター典子」など、ラップ曲からバンド演奏曲を次々と披露。 「ヘチマラップ」ではヘチマの模型をフロアに打ち込んだり、「バレンタイン泥棒」ではメ…