セクシーすぎるピアニスト高木里代子「ルパン三世」不二子ちゃんのコスプレでアニメOP曲、ED曲を披露

セクシーすぎるピアニストの高木里代子が、自身のYouTubeチャンネルにアニメ「ルパン三世」(1971年~ 日本テレビ系)の峰不二子の姿で登場し、ライブでもリクエストされるという「ルパン三世のテーマ」をパフォーマンスした。高木によると、甘口キャラが続いていたので、辛口キャラをやりたいなーというのが、このコスプレの発端だ。 高木は、「それにしても、本当にこの曲は大野雄二さんの名作中の名作ですね〜〜!! ジャズピアニストとしても、作曲家としても、大リスペクトです! なのでこのピアノ! JAZZテイストをふんだんに入れつつ、テーマではメロディ弾きつつ、超絶風バッキングも弾くという、一人二役みたいなピアノに挑戦しました!」と名曲をアレンジし、披露した。 実は、今回の動画は二部作で、この楽曲もライブでのリクエストが多い、アニメのエンディングテーマの「Love Squall(ラヴ・スコール)」のカヴァーも公開した。とてもいろっぽく、かわいい楽曲で、ルパンファンはもちろん、知る人ぞ知る、かくれた名曲となっている。 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、高木は歌で希望をと“StayHome”で話題の…