“10代の新たな才能”が決定! 植田真梨恵ら“先輩”アーティストも歌でエール

Being Groupの「九州Teen’sオーディション2019」各部門のグランプリが決定した。 ■ 10代の新たな才能を発掘 「九州Teen’sオーディション2019」は、九州エリアで10代の新たな才能を発掘するために始まったもの。 2カ月間の応募期間で総勢約800人の応募があり、書類選考を含む3度の審査を経て、11月4日にファイナリスト(アーティスト部門5人、アクターズ部門2人)の最終パフォーマンス審査が行われた。 アクターズ部門のグランプリは、熊本出身の北里琉さん(10)が受賞し、「優しくて、元気で、強い人たちがたくさんいる、熊本県が大好きです。熊本地震のときに多くの芸能人が被災地を訪れて、たくさんの元気をくれたことが1番心に残っているので、私も笑顔と元気と勇気を届けられるような存在になりたい」とスピーチ。 また、準グランプリには福岡出身の峰松莉々さん(12)が選ばれた。 一方、アーティスト部門のグランプリに輝いたのは福岡出身のパイク琉華シャロンさん(11)。 ナオミ・スコットの「Speechless」を歌いその高い歌唱力と表現力が審査員から絶賛され、さらに授賞式では特典として1…