アンジュルム新メンバー・橋迫鈴、卒業発表が相次ぐ現状に「頭が追いつかない時はあります」

密着ドキュメンタリーフォトブック「アンジュルムと書いて、青春と読む。」発売記念握手会が東京・書泉グランデで行われ、アンジュルムの伊勢鈴蘭、上國料萌衣、川村文乃、佐々木莉佳子、竹内朱莉、橋迫鈴が登場した。 約200日間密着取材して撮影した本フォトブック。リーダーの竹内は「今まででは見られない表情が写っている。『そんな写真も載っちゃうんだ』みたいな写真が載っています」とフォトブックを説明。 メンバーが一人ずつお気に入りのカットを紹介し、今年7月に加入した新メンバーの橋迫は、プライベートで初めてメンバーと遊びに行ったという、海での写真を選んだ。 佐々木は前リーダーの和田彩花の卒業コンサートでの1枚を挙げ、「とても美しい。新しい卒業スタイルを生み出した」と和田を称賛した。 中西香菜、船木結とメンバーの卒業発表が相次いでいるグループの現状について、リーダーの竹内は「めまぐるしい日々を送っている。加入と卒業を繰り返すグループなので、それを楽しんで頂けたらいいなと思います」とファンに呼びかけた。 続いて、竹内が橋迫を紹介。「アンジュルムが癒しの空間になりました。今まではそういうメンバーがいなかったの…