新世代ボカロP・カンザキイオリが新曲MVを公開!「生きていたいと思ってくれたらうれしい」

新世代ボカロP・カンザキイオリが、約半年ぶりとなる新曲「死ぬとき死ねばいい」のミュージックビデオを、11月13日(水)夜10時にプレミア配信で公開することが分かった。 さらに、12月8日(日)からカラオケのDAMでMVを独占配信することも決定し、カンザキイオリが楽曲について語った。 ■ カンザキイオリによる、激情的な楽曲世界を視覚化した超大作 ボカロPとは、初音ミク(CV:藤田咲)、鏡音リン・レン(CV:下田麻美)、巡音ルカ(CV:浅川悠)といった合成音声ソフト「VOCALOID(ボカロ)」に、自身が作曲・編曲した楽曲を歌わせるなどしている人たちのこと。 Pはプロデューサーの略で、数多くのボカロPが「ニコニコ動画」などインターネットを中心に楽曲を公開している。 カンザキイオリは、そんな群雄割拠のボカロP界で「命に嫌われている」がオリジナル1000万PV、 同曲の“歌ってみた”も合わせると推定1億PV超えという、近年稀にみるモンスターヒットを記録中の新世代ボカロP。 ここ1年は自身の活動と並行して、Vtuber界注目のバーチャルシンガー・花譜のメインコンポーザーを務めるなど、ネットシーン…