SKE48・須田亜香里、シングル初センターの次は「ソロコンをやってみたい」<Interview>

1月15日(水)に26thシングル「ソーユートコあるよね?」をリリースするSKE48。同楽曲のセンターには、グループ加入10周年を迎え、今やグループの顔の1人でもある須田亜香里が立つ。 今回はそんな須田にインタビュー。「Akari Suda」の頭文字“AS”にちなんで“As a ○○○=○○○として”を切り口に、新曲や2019年の活動の振り返りなど話を聞いた。 ■ “センターとして”…今はセンターをすごく楽しめる気がしています(須田) ――センター発表時にコメントも出ていましたが、改めて自分がセンターだと聞いたときの気持ちを教えてください。 まだ信じてないです、CDが発売になるまでは疑ってます(笑)。 ――結構長いこと疑いますね(笑)。 すごくお金を掛けた、壮大なドッキリかもしれないと思ってます(笑)。 ――2018年にリリースした「いきなりパンチライン」では、休養に入った松井珠理奈さんの代わりにセンターポジションを務めましたが、今回は正真正銘、須田さんのセンターです。意気込みなどはありますか? 「私がセンターを目指すなんて思っちゃいけないんじゃないか」って思うくらい自信がなくなっちゃ…