KAN&山崎まさよしのスペシャルユニット“YAMA-KAN”が「楽演祭」に登場【ライブレポート】

別冊カドカワ(KADOKAWA)×昭和音楽大学×ACPC(コンサートプロモーターズ協会)による、“音楽の楽しさ”を体感できるライブ・イベント「楽演祭」。4回目の開催となる今回は、KANと山崎まさよしがタッグを組んだスペシャル・ユニット「YAMA-KAN」が出演した。 ライブに先駆けて行われたのは、2人の特別授業。YAMA-KANの楽曲「記憶にございません」がどのように制作されたのかを、実際に2人が交わしたメールや貴重なデモ音源をもとに紐解いていったほか、山崎は自身が主演および音楽を担当した映画『影踏み』の劇伴制作について、KANはオーケストレーションのアレンジ法について、それぞれの譜面を見ながら解説。プロのミュージシャンとして豊富な経験を持つ2人による、普段なかなか聞くことのできない話題が詰まった90分の講義に、集まった同大学の学生たちは熱心に耳を傾けていた。 そして、同日夜にはテアトロ・ジーリオ・ショウワにてYAMA-KANのライブ公演が開催された。彼らがYAMA-KANとしてライブを行うのは、2018年3月に2人の書き下ろしによる3曲入りの“超ミニアルバム”『Take me Fol…