大沢たかお、マーティン・スコセッシ監督作への出演が幻に

1月31日放送の「アナザースカイII」(日本テレビ系)に、俳優の大沢たかおがゲスト出演。出演が幻に終わったマーティン・スコセッシ監督作について語る場面があった。 男性ファッション誌のモデルとして活動していた大学生の頃、パリコレのオーディションにも挑戦した大沢。 まったくあてのないチャレンジは落選続きで、その時の挫折感を「まったく次元の違う連中がいっぱいいてショックだった」と振り返る。 「モデルの仕事を続けても世界のトップには絶対なれない」ことを痛感したという大沢は、その後俳優の道へ進むことを決めた。 役者としてキャリアを積み上げ、ドラマ「JIN-仁-」(2009年TBS系)などでその実力を評価されるようになっていった大沢。 「JIN-仁-」は現代の医師が幕末へタイムスリップするという内容で、大沢はその撮影前に「自分が全然違う場所にいたらどうなるか?」を体感するため、日本の情報を遮断してロンドンに長期滞在した。 ロンドン滞在の時期、大沢は世界的名匠マーティン・スコセッシ監督の映画に出演することも決まっていたとか。 オーディションに合格し、実際マーティン・スコセッシ監督に会ったものの、その…