乃木坂46与田祐希、マスク装着姿に反響「何やっても可愛い」

1月31日深夜に放送された「タモリ倶楽部」(テレビ朝日ほか)に、乃木坂46与田祐希がゲスト出演。マスク装着姿に注目が集まった。 「花粉シーズン超直前企画!マスクコレクション2020」と題した今回の企画では、定番の“白マスク”に代わる新しいタイプのマスクを紹介していった。 「花粉症です。ステージ衣装にも合うようなかわいいマスクがほしいですね」と明かす与田。乃木坂46のメンバーも7割が花粉症だという(担当マネジャー調べ)。 花粉症の時期には「私を含め、ティッシュ難民が増えます。『ティッシュがない』『ティッシュください』と探し回っているメンバーが増えます」と、与田が壮絶な日常を明かした。 ■ 花粉症になったきっかけ 花粉症になったきっかけについて与田は「2歳か3歳の時に、幼稚園の歓迎遠足でお花が満開の公園に行ってその日に発症しました」と告白。 続けて「小学校の頃とかも、目がかゆ過ぎて血が出てました、かゆ過ぎて切れちゃって」と壮絶な思い出を披露した。 そんな与田は、通常の白マスクの他、1枚1000円以上もするマカロンレースマスク、鼻だけの斬新なマスクを番組内では装着していた。 ネット上では「可…