バレーボール元日本代表・狩野舞子が現役時代の恋愛を告白

2月1日放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、バレーボール元日本代表の狩野舞子が東銀座にある「かめ幸」へ。井上が現役時代の恋愛事情を告白した。 「おでんの盛り合わせ」「刺身五点盛り」をアテに生ビール、たる酒で乾杯。両親、姉が全員バレーボールをやっていて、赤ちゃんの頃からママさんバレーに連れていかれていたという狩野。学生時代は強豪校に通っており、中学時代は全国大会準優勝で終わったが、それでも監督から怒られたそう。高校の監督は、目の前で賞状を破ったこともあったと告白した。 学生時代は寮生活をしており、7人のレギュラーが1つの大部屋で生活するとのこと。レギュラーを落ちると部屋まで変えられてしまう…と、過酷な学生生活を語った。縦社会も厳しく、テレビのチャンネル権すら上級生の3年生にあったという。 お次は「福みみ」へ。「燻製卵のポテトサラダ」をアテに日本酒で乾杯。昨年引退した狩野は、かれこれ1年半彼氏がいないそう。逆に現役の頃はずっと一般人の彼氏がいて、バレーを辞めるタイミングで別れたという。今は恋愛よりもいろいろなことに挑戦したい!という好奇心の方…