SKE48・大場美奈、初体験のビリビリでギリギリ(!?)なリアクション!<ウケメン>

2月7日(金)放送のコント番組「ウケメン」(夜1:45-2:45、フジテレビ)の「ヘイセイドラマシリーズ『3年A組』」に、大場美奈(SKE48)がゲスト出演する。 「ヘイセイドラマシリーズ」は平成に放送されたドラマをレギュラーメンバー(3時のヒロイン、トキヨアキイ、ひみつスナイパー健、フタリシズカ、マカロン、リンダカラー)たちで再現するが、出演者の何人かには低周波装置が着けられていて、不意に流れてくるビリビリに耐えながら演技を続けられるかというコント企画。 アイドルとしてギリギリ(!?)な姿を見せながらも、元ネタの「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(2019年日本テレビ系)で今田美桜が演じた諏訪唯月役を務めた大場に、収録を振り返ってもらった。 ■ 初めてのビリビリに「信じられないくらい脚が疲れてる」(大場) ――低周波のビリビリを受けたのは今回が初めてだったんですか? はい、初めてでした。ゲテモノを食べたり、長年いろんなバラエティーをグループでやらせてもらったから、王道の“バラエティー”は一通りやったんですけど、電気を流された記憶はなくて。 電気系は怖いので、避けてこれてよかっ…