おでんに入っているちくわと、普通のちくわの違いは何?秘密はその製造方法に!

2月5日(水)放送の『何だコレ!?×林修ドリル~日本のナゾ大調査SP~』 では、『世界の何だコレ!?ミステリー』と『林修のニッポンドリル』がタッグを組み、様々なナゾを解き明かした。 『林修のニッポンドリル』では、日本の“食ナゾ”にフォーカス。ギャル曽根とKing & Princeの岸優太が、食にまつわるナゾを調査した。 「すき家」の店舗の外壁のヒントは丼の底にアリ!? ギャル曽根と岸がまず向かったのは、牛丼チェーンの「すき家」。牛丼というと和食のイメージだが、「すき家」では日本全国の店舗の外壁が洋風のレンガに統一されているという。 岸は、童話の「三匹の子ぶた」にちなんで、強固なレンガで安全性をアピールしているのではないかと予想。しかし、実際に店舗で聞き込み、牛丼をいただくも理由がサッパリわからない。 そこで2人は、「すき家」の本社へ。商品戦略部の安宅真弓さんから「丼の底にヒントが隠されている」と教えられたギャル曽根が、本日3杯目(しかもそのうち1杯は肉の量が並盛の6倍の「牛丼キング」)となる牛丼を完食すると…。 底から現れたのは「YOKOHAMA」の文字。「すき家」の創業の地は…