“国民的女優”市原悦子さん、生前住んでいた自宅から衝撃の遺品が見つかる!

2月7日(金)放送の「爆報!THEフライデー」(夜7:00-8:00、TBS系)では、独特の存在感と並外れた演技力で唯一無二の女優と称された市原悦子さんの報道されなかった晩年を公開。 同番組は、爆笑問題がMCを務め、有名人の知られざる一面を徹底紹介するバラエティー。 2019年1月に突如この世を去った市原さんは、「家政婦は見た!」シリーズ(1983-2008年、テレビ朝日系)をはじめ、アニメ「まんが日本昔ばなし」(1975-1994年、TBS系)での語りなど、数多くのドラマや映画に出演。 市原の葬儀には多くの関係者が参列し、突然の訃報に悲嘆にくれた。その一人でもあるスタジオゲストの俳優・中尾彬は、市原さんと数多くの作品で共演していたが、そんな中尾も知らない市原さんの驚きの事実が次々と明かされる。 番組では、40年以上にわたり市原を支え続けたマネージャー・熊野勝弘氏の取材協力の元、演出家の夫・塩見哲さん(2014年に死去)と50年以上暮らしたという自宅へ緊急潜入。 市原さんが暮らしていた当時のまま保持されている自宅から、衝撃の遺品を発見するとともに、市原さんがひそかに抱え続けていたあるコ…