タカアンドトシ、ライブの相葉雅紀に感動「今まで見てきた相葉くんはニセモノだった」

2月8日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)では、ゲストにタカアンドトシが登場。その半生を紐解く企画を行いながら、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)で共演する相葉雅紀の印象などを語った。 出会いは中学生のときにタカが通う学校にトシが転校生としてやって来たときだという2人。タカのトシに対する印象は「普通」で「大量生産型の中学生」だと思ったが、もともとお笑い志向の強いタカがトシの面白さに気づいて、コンビを結成することになったという。 別々の高校に進学したもののお笑いのネタ作りは続け、高校3年生のときには地元の北海道ローカルのお笑い番組にも出演。そのときの審査員を務めていた大平サブローから絶対プロになれると言われ、トシは「救いになりました。その一言が」と振り返る。 その番組にはその後、数回出演し、最終的にはチャンピオン大会で優勝。タカは当時のネタを「めちゃくちゃ練習したので覚えています」と言い、その場で再現してみせる。松本潤が「お笑いをやり始めた頃のことだから覚えているというのもあるんですか」と聞くと、2人は確かにそれもあると認める。すると二宮和也は「(自分たちも)『A・RA・SHI…