滝沢カレン、神田松之丞の“伯山”襲名に「人物は変わらないのに名前が変わるのは不思議な感覚」

滝沢カレン、神田松之丞の“伯山”襲名に「人物は変わらないのに名前が変わるのは不思議な感覚」

講談師・神田松之丞が様々な現場をロケ取材。バラエティー番組で絶妙な発言を繰り出し、“言葉の魔術師”と評される人気モデル・滝沢カレンとスタジオでVTRをチェックしつつ、グダグダになりがちなルポを反省する番組『松之丞カレンの反省だ!』。 ©テレビ朝日 その神田松之丞が2月11日(火)の真打昇進に伴い、六代目・神田伯山(はくざん)を襲名することになり、「松之丞」を冠した番組名も一新されることが決定した。 「松之丞」としては最後となる2月8日(土)の放送では、カレンから番組タイトル変更の重大発表もあった。これには松之丞も「番組の名前が変わるのは何か不祥事があったときですが(笑)」と笑いつつも、「ガラッと変わるんでしょうか?」と期待と不安が入り混じった表情に。 「どんな番組名がいいと思います?」とカレンに振った松之丞だが、カレンの「カレン伯山のお茶の間会議」という案に「自分が先頭ですか?(笑)」と大笑い。 ◆滝沢カレン、新タイトルにテンション上がる ©テレビ朝日 そして、神田伯山として初めての放送となる2月15日(土)、番組の冒頭でついに新番組タイトルが発表される。 そのタイトルは『伯山カレンの…