小島瑠璃子、矢部浩之&出川哲朗に「悪女の素質がある」と言われ…<動画>

2月15日(土)21時より放送される、フジテレビ土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』。 世界で起こった衝撃の大事件、大事故、感動の物語など、実際にあった「まさかの大逆転ストーリー」を描くシリーズ特番で、今回は第5弾となる。 この番組の大きな特徴がプロジェクションマッピングを使った演出。矢部浩之(MC)、出川哲朗、小島瑠璃子の目の前で、犯行現場を大迫力のプロジェクションマッピングで再現。リアルな映像と効果音で、まるで事件の当事者・目撃者になったような錯覚を起こすのだ。 迫力のプロジェクションマッピングで、自分もそこにいるかのような感覚になる その感覚は画面を通じ視聴者も同様に味わえるので、臨場感の中で事件の謎解きを“体感”していける情報ドキュメンタリー番組だ。 今回取り上げるのは、「13歳の少女が88日間監禁された事件」と「海を渡り2年半に及ぶ逃亡を続けた“世紀の悪女”ビクトリアが暗躍する事件」の2本。いずれも、2014年、2018年に起こったばかりの実際の事件だ。 事件を調査する敏腕探偵 フジテレビュー!!では、収録を終えた矢部、出川、小島に独占インタビュー。収録の…