村西とおる、妻の“寝取られ”シーンの真相語る「今だったらパンツを脱いで参加する」

2月13日放送の「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、レジェンドAV監督の村西とおるが登場。自身が体験した“妻の寝取られ”経験を暴露した。 村西とおるをモデルにしたドラマ「全裸監督」の第1話にも描かれている妻が寝取られている場面について、村西は実話だと言い、続けて「恥ずかしい話なんですよ。寝取られたって言うのはね。でももう50年ちょっと前でございますからね、もうお話ししてもいいかなと」と切り出した。 「英会話の教材を売っていたんですね、日本国中を飛び回っておりまして。1週間に1回くらいしか家に帰らなかった。ある日家に帰ったら、うちの2階の方から『アンアン、ノンノン』とね」と村西語録を交え、「初めは女房が腹痛でも起こして苦しんでるんじゃないかと思って、それで(2階に)行ってみたら、思いっきりバック」と、当時遭遇した衝撃的な状況を語る。 間男の相手は知らない男性だったと言う村西は、「15秒ぐらいはね、頭が何も考えられないです。『なんなんだろうこれ』って。自分が今抱えている現実を考えまして、子供が2人いたんですよ。子供2人いなければいい。自分のうちでなければいい…