“流し目王子”の幼少期エピソードに浜田雅功「悲しい話やなぁ」

2月18日(火)夜11:56からMBSで「ごぶごぶ」が放送。浜田雅功の相方は、進化し続ける“流し目王子”として活躍する、大衆演劇界のスーパースターが登場。 大衆演劇の一座に生まれた相方は、4歳から舞台に立ち続け、小学校時代は転校を繰り返し、稽古と舞台のために授業はいつも3時間目までで帰っていたという。 当然ながら、クラス写真に収まったこともなければ、遠足にも修学旅行にも行ったことがない相方。普通の小学校生活を送ることができなかった相方が、「ほとんど記憶がない」という“4時間目以降の学校生活”を浜田と体験し、当時、味わうことのできなかった小学校の思い出を取り返す。 体育では、どうしてもやってみたかったという小学生の遊びの定番、ドッジボールからスタート。「みんなでドッジボールやろうぜって時間にはいつも帰っていたんで…」と切な過ぎる過去を語る相方に、浜田も「悲しい話やなぁ」と同情する。 プロデューサーにスタッフ、マネジャーまで総出で浜田チーム、相方チームに分かれて対決。負けたチームのリーダーには、これまた小学生の罰ゲームの定番“デコピン”が待ち受け、一切容赦のない浜田に相方は「こわっ!」と絶…