乃木坂46金川紗耶の“漢字発想力”にファンも驚き「やはり天才」

2月17日深夜に放送された「乃木坂どこへ」(日本テレビ)で、乃木坂46・金川紗耶の“漢字”に注目が集まる場面があった。 “念願”の東京タワーに登ることになったメンバー。ただし、より感動を味わうため、あえて階段で展望台を目指すことに。 しかも階段の途中には、4期生の団結力が試される障害(クイズ)が設けられているという。 一つ目の障害は、お題に対して全員が同じ答えを書いたらクリアとなる「全員一致ゲーム」。 「イジリー岡田といえば?」のお題に対し、多くのメンバーが「ブリーフ」や「舌」と答える中、金川は漢字の上の部分に「下」、下の部分に「口」を組み合わせる新たな漢字を発表。 ■ ハングルですか? これを見た司会の森田哲矢は、「ちょっと待って、それ何?ハングルですか?これ?」とツッコミ、金川は「間違えた〜」と言って頭を抱えた。 また、次の「4期生全員で行きたい場所は?」のお題では、ほかのメンバーが「ジョナサン」や「サンシャイン劇場」などと答える中、金川は「舞 台 宮頁」と書いたフリップを提示。 「ぶたい…なに、これ?」と、「宮」偏(へん)に旁(つくり)が「頁」という斬新な漢字が読めない東ブクロに…