ビートたけし、堀ちえみに共感「絶望して死ぬよりも、絶望しても生きている方がいい」

2004年にスタートした「たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系)シリーズが、3月17日(火)夜7時放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(毎週火曜夜8:00-8:54)をもってレギュラー番組としての放送が一旦終了となる。 最終回となる今回は「芸能人が自ら警告!身近な症状を甘く見てはいけない!SP」と題し、身近な不調がとんでもない大病へと繋がり、壮絶な闘病を体験することになった芸能人たちの症例を紹介。また、新型コロナウイルスについても緊急取材を敢行。名医4人を取材し、感染してから重症化する人としない人の違いなどを紹介する。 今回登場したのは、2019年2月に末期の舌がんであることを公表した堀ちえみ。 「本当は怖い口内炎」として、2018年5月頃に舌の裏にできた小さなできものを口内炎と思い込み、痛みを我慢し続けたために舌がんをステージ4にまで進行させてしまった“3つの過ち”がVTRで明かされる。 2019年2月22日、すべての腫瘍を切り取るために舌の6割を切除し、太ももの皮膚や皮下組織を舌に移植する大手術を受けた堀。 その後の懸命なリハビリによって声を取り戻す姿を見たビートたけしは、「…