亀梨和也、20歳当時の“戸惑い”を告白「“とがっていた”って言われるけど、そうしていないとわけが分からなくなる」

3月18日(水)放送の「衝撃のアノ人に会ってみた!」(夜7:00-7:56、日本テレビ系)では、亀梨和也が“野球界のキムタク”木村拓也の息子に会いに行く企画と、石川遼選手と被災地の子どもたちとの“絆”に密着する。 この番組は、テレビやSNSの衝撃動画、新聞などで話題となった「衝撃のアノ人」を探し出し、「今だから話せる真実」や「隠されたエピソード」を取材、その後の人生も描くヒューマンドキュメントバラエティー。桝太一アナウンサーがMCを務める。 木村さんは、現役時代に“野球界のキムタク”として人気を博したのち、巨人のコーチに就任。2010年に試合直前の練習中にくも膜下出血で倒れ、37歳という若さで亡くなった。 当時10歳だった木村さんの長男は、父の追悼試合で始球式のピッチャーを担当。その後、父の背中を追いかけて野球を続けていた。あれから10年、20歳になった彼に、桝アナと亀梨が会いに行く。 二人が実家を訪ねたあと、三人で墓参りに向かうことに。すると、墓石に“とある言葉”が残されていた。長男は「この言葉に助けられることが多い」と話し、自身の歩む道について語る。 スタジオゲストのIMALUは自…