清春 娘の彼氏の条件は?「ミュージシャンとお笑いと若手俳優は嫌」に松本も共感!

3月20日(金)のフジテレビ『ダウンタウンなう』に、清春が登場。 1994年にロックバンド・黒夢のボーカルとしてデビューした清春。51歳になった今もパワフルなライブパフォーマンスで熱狂的なファンを魅了し続けている。 まずは、デビュー当時はかなり尖っていたという話から、『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に出演した際の写真が紹介される。 カリスマらしい危険なオーラが漂っていたが、坂上が「どの写真を見てもだいたいポッケに手をつっこんでるんですよ」と指摘すると、浜田は「ほんまや!」と笑い、清春は自分の姿に「ダメですね」と苦笑いした。 HYDE もドン引き!当時はライブで毎回“根性焼き” 当時の尖りっぷりについては、親友HYDEからの証言で「ライブでタバコを(自身の)手につけて根性焼きをしてた」と驚きの事実が明かされた。 「僕は直接見てない」というHYDEだが、理由は「その頃は付き合わないほうがいいなと思っていたから」と語り、一同に笑いが起こる。 清春:ライブのエンディングで、タバコを(手の甲に)ジュッとやってました。 浜田:なんで!? 清春:それをすると「おおっ!」って盛り上が…